ホーロー浴槽のサビ処理再生塗装作業

追い炊き循環口周囲がひどくサビていました。この浴槽は鋳物ホーロー浴槽です。鋳物ホーローでなぜサビるの?と時折聞かれることがありますが、鋳物ホーローは重量が重く硬いため、そのまま使用すると割れるリスクがあります。そこで裏側から鉄板で支える構造となっています。この鉄板が水分の影響でサビて表面のホーロー質を破壊するというダメージを発生させるのです。

追い炊きの循環口周囲もサビが出やすい箇所です。循環口はパッキンで水分が漏れないよう処理されていますが、経年劣化、元々パッキンの処理が甘かったなどの理由で錆が出やすいのです。錆が出てきたらできるだけ早期に補修処理や場合によっては浴槽全体の再生塗装をしましょう。

●循環口周囲に出てきたサビと浴槽全体塗装
ホーロ浴槽再生塗装

ホーロ浴槽再生塗装