ステンレスシンクの補修塗装作業

2槽式のステンレスシンクです。長年の使用で写真のように焼付け塗装がはがれてしまっています。ステンレスの地金が黒ずんで汚らしさを思う存分出していますね。焼き付け塗装の劣化箇所がザラザラしていましたのでパテ処理を行いレベリングを合わせました。SGエポコートによる下塗りを行い上塗りを実施。仕上げにSGクリアコートで光沢を出しました。

SGエポコートはエポキシ樹脂系の下塗り剤で、対象物と上塗り剤との密着を促進するプライマーの役割と膜厚が出ますので下地調整の下塗り剤の双方の役割を果たしています。

ステンレスシンク