ひび割れの発生した人工大理石天板の補修塗装作業

キッチンのガスコンロ脇にひび割れが2本発生していました。熱した鍋を長い時間直接置いていたら割れたそうです。油シミが裏側まで出てきていました。ワレにパテにて補修して色合いを合わせる塗装する方法は従来から多くされてきましたが、ひび割れの範囲が広いと補修剤だけでは強度が出せず、すぐにまた割れてしまいます。そこでSGリペアではガラスファイバーに硬化樹脂を含侵させてひび割れだけでなくその周囲も面として補修します。そしてガン吹きによりぼかし塗装を行い仕上げていきます。ほかの補修屋さんと比べると補修費用は高いのですが、長い目で見た場合最適な方法と思います。

人工大理石補修詳細

人工大理石天板ひび割れ補修塗装

人工大理石天板ひび割れ補修塗装

 

人工大理石の洗面台天板と手洗いボールの補修塗装作業

マーブルと呼ばれる柄の人工大理石です。洗面化粧台の天板と手洗いボールが一体となったタイプですね。いわゆるブリスタと呼ばれる内部劣化が生じていました。茶色く変色(白丸箇所)し少しふくれてきています。削ると中から酸化した水分が出てきました。悪い箇所を削り取り硬質パテにて補修補強後、下塗り、上塗り、そしてクリア仕上げの3層塗装でリペアしました。

人工大理石天板の補修塗装

人工大理石天板の補修塗装

人工大理石天板の補修塗装

 

 

人工大理石のひび割れ補修塗装作業

キッチンのシンク脇に広い範囲で亀裂・ひび割れが発生していました。このような亀裂は裏側まで割れていることがほとんどです。表面だけでとどまってはいないのが実情です。このまま使用すると水分が内部に入り込み汚れがキッチン収納部まで入ってしまい、さらにはカビも発生してしまいます。

今までの補修業者が行う作業は亀裂に補修剤を埋め込み表面の色合いを整えるというものですが、この方法は短時間でできるメリットがありますが、振動により亀裂が動くためまたすぐに割れが発生するというデメリットがあります。補修後はとてもきれいになり施主様も喜ばれますが、短期間でワレが再発しますので結果的にはあまり推奨される方法ではありません。

SGリペアサービスでは、ガラスマットを表面に敷き詰めて面として補修する方法を採用しています(中央の写真)。この方法は元々割れていた個所をおおってしまいますのでワレが再発することがありません。ただし、広い範囲で塗装しますので時間と費用が掛かるのがデメリットと言えますが、長い目で見ていただいた場合は一番推奨する方法です。

人工大理石(人造大理石)の補修でお困りでしたらぜひSGリペアサービスをご利用ください。

人工大理石ひび割れ補修塗装処理

ワンルームマンションの変色した浴室の塗装作業

いわゆる3点式ユニットバスです。トイレ、手洗い、そしてバスタブが一体となったワンルームマンションに多く見られますね。今回はユニット全体を塗装しました。天井、壁面、床面、手洗いカウンター、手洗いボール、そしてFRPバスタブです。ライトアイボリー(25-90B)1色にて施工。

まずは溜まりにたまった汚れの除去から始まります。汚れが固化し削り落としながらクリーニングしていきます。半日かけてきれいにしました。そして本塗装作業です。鏡も交換してきれいに蘇りました。

FRP壁面塗装例

FRP浴槽塗装例

洗面カウンター、ホーロボール塗装例

 

 

ひび割れの発生した人工大理石天板の石目調塗装仕上げ。

ガスコンロ脇に3本の亀裂が入っていました。部分的に補修して色合いを合わせる方法もありますが、この方法は短時間で費用も安いのですが、ひび割れが再発生するリスクが高いのが現実です。そこでオーナーさんの意向により本格的な補修と塗装で対応することとなりました。

1)ひび割れ箇所を面として補修
ライニング補修~ガラスクロスにポリエステル樹脂を含浸させて固めて表面に1層新たに作り面として補修補強します。
2)石目調塗装~クリア仕上
白地にゴマ粒模様の石目調塗装を天板全体に行います。クリア塗装で仕上げます。

石目調のチップが塗料に入っていますので多少の凸凹感が生じますがこれもまた本当の石の様でいい感じと評価いただきました。

ひび割れた人工大理石天板の石目調塗装

人工大理石天板を石目調塗装で仕上げました。

人工大理石のカウンターです。熱いものを直接置いたせいで白く輪じみになってしまったそうです。ここまで熱が入っていると研磨では対応できない為、今回は同じ様な石目調の塗装できれいにしました。SGリペアで実施している石目調塗装はインテリア(内装)塗装となります。多くあるコンクリートなどのエクステリア(外装)ではありません。非常にきれいな仕上がりとなります。ぜひご利用ください。

⇒ SGストーンカラーコーティング(石目調塗装)

人工大理石のカウンターの石目調塗装例

ステンレスシンクの補修塗装作業

2槽式のステンレスシンクです。長年の使用で写真のように焼付け塗装がはがれてしまっています。ステンレスの地金が黒ずんで汚らしさを思う存分出していますね。焼き付け塗装の劣化箇所がザラザラしていましたのでパテ処理を行いレベリングを合わせました。SGエポコートによる下塗りを行い上塗りを実施。仕上げにSGクリアコートで光沢を出しました。

SGエポコートはエポキシ樹脂系の下塗り剤で、対象物と上塗り剤との密着を促進するプライマーの役割と膜厚が出ますので下地調整の下塗り剤の双方の役割を果たしています。

ステンレスシンク

洗面化粧台で使用されている人工大理石天板の補修塗装

人工大理石(人造大理石)特有の劣化現象「ブリスタ」が多数発生した洗面化粧台です。施主さんは、リフォーム業者から取り換えると30万円以上の費用が発生すると言われ、今回は当社の補修塗装サービスを申込されました。

ブリスタを一つひとつほじくりだめになった箇所を取り除きます。ほじくったあとは硬質パテを埋めこみ成形します。そして塗装作業です。

1)下塗り:エポキシ樹脂塗料
2)上塗り:アクリルウレタン2液タイプ塗料
3)仕上げ:シリコン樹脂塗料

3層被膜塗装でより強固に仕上げます。写真をご覧いただくとお分かりの通りこんなにきれいになります。取り換え費用の3分の1以下の費用で収まりました。

人工大理石補修塗装例

人工大理石補修塗装例

 

浴室コンフォートパネル施工

大理石張りの浴室です。経年劣化で目地に汚れが入り込んだり、ひび割れたりしていました。清潔感がなく綺麗にしたいと施主さんは思われていましたが、この浴室をリフォームするので最低200万円掛かると言われ躊躇されていました。そこで今一番気になる浴槽回りの劣化した大理石箇所にコンフォートパネルを貼り付けました。パネル端部の小口などは同柄のジョイナーで処理して美しく仕上がりました。

施主さんに大変喜ばれました。

コンフォートパネル施工

キッチンパネルのキズ補修作業

水道の工事でガス台を出し入れした際に大きなキズができました。今回はこのキッチンパネルにできたキズを補修塗装しました。パテでキズを埋めて周囲と色合いを合わせて吹付け塗装します。磨きを掛けて周囲のパネルとの光沢感等を調整して出来上がりです。

●キッチンパネルについたキズの補修
キッチンパネルのキズ補修

ユニットバスの巾木貼り施工

手洗いボールの付いているユニットバスです。この手洗いボールを撤去して、ビス穴、排水管穴を塞いでほしいというオーナーさんの要望でした。バスタブと壁面は若干色合いが異なっていました。バスタブの近似色にして壁面巾木と点検口上部の穴塞ぎを行いました。巾木は1mm、穴塞ぎは3mmのパネルで作業しました。

ユニットバスの巾木貼り施工

キッチン人工大理石天板のひび割れ補修塗装

キッチンで使用されている人工大理石天板も、特にコンロ脇や接続ジョイント付近にワレが発生することがあります。こちらの現場では特にジョイント部分が大きくずれて手で押すと上下に動くほどダメージを受けていました。奥側の天板が約1mmほど上側に上がっていました。隙間をコーキングで埋めて何とか水の浸入を防いでいるような状態でした。
コンロ脇のひび割れも大きく動いていました。単純にパテを埋めただけでは解消しないので、FRPライニングを行い表面を強化しました。これで動きが止まり塗装ができるようになります。

●ジョイント付近
人工大理石天板ひび割れ補修

●コンロ周辺
人工大理石天板ひび割れ補修

FRP浴槽に付いたキズの研磨補修作業

FRP浴槽に付いた水あかを落とそうとしてサンドペーパーを使ったそうです。細かい擦り傷が浴槽のふちに付いてしまい、特に黒の浴槽なので目立ってしまったようです。2~3業者をあたったそうですが、塗り直さない限りきれいにできないと言われ、最後に当社のサービスを探しあてたとおっしゃっていました。
樹脂用の研磨シートを装着してサンダーで徐々に磨いていきます。荒目、中目、細目そしてバフの4段階の工程を踏みきれいな状態に蘇りました。水あか(スケール)は研磨剤、研磨粒子の入っているナイロンたわし等でこすって落とそうとすると必ずこのようなキズが付きます。専用のスケール落とし洗剤で汚れを分解して落とすようにすることが肝心です。

FRP浴槽研磨作業

FRP浴槽研磨作業

キッチンステンレスシンクの研磨作業

原状回復工事の一環としてキッチンのステンレスシンクを磨きました。光の関係で施工後の色合いがちょっと変になりましたが、くすんだ状態から見事に光り輝くステンレスシンクに蘇りました。取り換えなくてもここまできれいになりますよ。

ステンレスシンク研磨作業

ホーロー洗面ボールのひび割れ補修塗装作業

洗面台のホーロー手洗いボールにひび割れが発生したそうです。少しずつ広がっているので早めに補修したいとのことから今回ご依頼いただきました。ひび割れを専用補修剤で埋め、下塗りを実施した後上塗りを行います。最後にSGクリアコーティングで仕上げました。洗面ボールの補修もお気軽にご用命ください。

●洗面ボール補修塗装
ひび割れ補修塗装

ひび割れ補修塗装

洗面化粧台の劣化補修塗装作業

人工大理石製の洗面化粧台です。洗面ボールも一体型の製品です。経年劣化により水栓周りにブリスタと呼ばれる斑点状の劣化現象が発生していました。このような斑点模様が出ると内部はすでに劣化でもろくなっています。進行すると表面が割れて汚れが入り込みます。ブリスタをすべてルーターで削り取りパテを埋めて補修します。補修後、天板と手洗いボールを塗装して仕上げます。
●ブリスタ補修塗装
人工大理石洗面台補修塗装例

御影石の補修作業

花壇などで使用されている御影石の補修作業を行いました。ひび割れと欠けが生じていました。天板がグラグラで今にも外れそうでした。硬化パテで形を整えて色合いを筆で細かく描く作業となります。新品ではありませんから、古い感じも出しながらの補修作業となりました。

御影石の補修作業