剥がれかけた浴室床面のシート貼り施工作業

賃貸マンションの浴室床面です。変色が進みさらに手で触るとパリパリとはがれてきました。このような状態にまでなるとはオーナーさんもびっくりです!スクレーパーで劣化した表面を削り取りました。そしてバスナフローレを貼り付けました。
こんな状態では次の契約者も現れないでしょうね。早めにきれいにしましょう。

バスナフローレ:BNF1001

バスナフローレ施工

シミの発生した人工大理石カウンターの研磨塗装作業

キッチンで使われている人工大理石カウンターに大きなシミができていました。中古分譲マンションでこれから再販予定ということです。取り替えるとなるとシステム自体を変えなければならないため大きな費用負担となります。そこで当社に美装作業のご依頼をいただきました。研磨処理後、天板全体をホワイトで塗装して仕上げました。

●キッチン人工大理石カウンター
人工大理石カウンター塗装例

全体的にくすんでいましたが、作業後は光沢がアップしてきれいな状態になりました。
人工大理石カウンター塗装例

 

人工大理石天板の研磨コーティング作業

中古分譲マンションです。再販売にあたりキッチンの人工大理石天板を研磨しました。大きなキズ等はありませんでしたが、長年の使用感がたっぷりとただよっていました。研磨を繰り返し、最後にクリアコーティングで仕上げることできれいな状態になりました。これでお客さんも納得されることでしょう。

人工大理石天板研磨コーティング

人工大理石天板研磨コーティング

 

人工大理石カウンターのひび割れ補修とステンレスシンクの磨き作業

分譲マンションのリフォーム現場での作業です。キッチンの人工大理石天板にひび割れが発生していたのでライニング補強後色調整しました。さらにステンレスシンクの鏡面磨き作業も同時に行いました。物件をきれいにして再販売に出されるそうです。

人工大理石天板ひび割れ補修

ステンレスシンクの研磨作業

 

人工大理石カウンターひび割れ補修塗装作業

人工大理石天板のジョイント箇所が劣化で汚くなっています。また、ひび割れも発生しています。天板のジョイント部が固定されておらず動くためこのままパテ埋めしてもすぐに割れが発生してしまいます。そこで裏側にあてぎを行い動きを止めさらに表面にグラスファイバー補修を行ってからぼかし塗装施工を実施しました。

人工大理石のひび割れはジョイント部周辺やガスコンロ周囲に発生しやすく、少し力を加えるとほとんどが上下に動きます。単純に補修材を埋め込むだけではすぐに割れが再発してしまう恐れが高く当社に行うような耐久性の強い補修方法が必要です。
●中央の写真はワレ部にファイバー補修を行ったものです。
人工大理石カウンターのひび割れ補修塗装

 

●ワレ補修とともに天板全体を研磨美装処理
人工大理石カウンターのひび割れ補修塗装