キッチン人工大理石天板のひび割れ補修塗装

キッチンで使用されている人工大理石天板も、特にコンロ脇や接続ジョイント付近にワレが発生することがあります。こちらの現場では特にジョイント部分が大きくずれて手で押すと上下に動くほどダメージを受けていました。奥側の天板が約1mmほど上側に上がっていました。隙間をコーキングで埋めて何とか水の浸入を防いでいるような状態でした。
コンロ脇のひび割れも大きく動いていました。単純にパテを埋めただけでは解消しないので、FRPライニングを行い表面を強化しました。これで動きが止まり塗装ができるようになります。

●ジョイント付近
人工大理石天板ひび割れ補修

●コンロ周辺
人工大理石天板ひび割れ補修

FRP浴槽に付いたキズの研磨補修作業

FRP浴槽に付いた水あかを落とそうとしてサンドペーパーを使ったそうです。細かい擦り傷が浴槽のふちに付いてしまい、特に黒の浴槽なので目立ってしまったようです。2~3業者をあたったそうですが、塗り直さない限りきれいにできないと言われ、最後に当社のサービスを探しあてたとおっしゃっていました。
樹脂用の研磨シートを装着してサンダーで徐々に磨いていきます。荒目、中目、細目そしてバフの4段階の工程を踏みきれいな状態に蘇りました。水あか(スケール)は研磨剤、研磨粒子の入っているナイロンたわし等でこすって落とそうとすると必ずこのようなキズが付きます。専用のスケール落とし洗剤で汚れを分解して落とすようにすることが肝心です。

FRP浴槽研磨作業

FRP浴槽研磨作業